サワムラ式 沢村幸弘オフィシャルブログ
 
 
2011年1月
                   1
 2  3  4  5  6  7  8
 9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31               
BACK NUMBER
SELECTED ENTRIES
新品のパワーヘッド
リクエストモデル
プロサポートモデル
十数年ぶりのグラスコンポジット
エレキのスーパーフルメンテナンス
DaiwaTW用 カラーオシレーティングポスト
ネオスプール 「KAHEN」 Daiwa
KTF ネオスプール DAIWA
初戦のプリプラへ
バーサタイルフィネススプール アップ
ダイワ用の軽量ハンドルファスナー
バーサタイルフィネススプール DAIWA
大事に至る前に
久し振りのアッセンブリー
KTFの取材
「バスサンほすい」
バーサタイルフィネススプール
願良年 2018
2017年ありがとうございました!
フェンウィックNewシリーズ 「LINKS」
ACES(エイシス)2018 Newモデル
Newフィネススプール (17カルコン)
ほぼパーフェクトコンディション!
17カルコンのメカノブ換装手順
ダイワ対応の「KAHEN」ネオのセッティング完了
ルアーマガジンミュージアム
スリムでも強い 「ワンシャ」 デビュー!
Newフィネススプール (16アルデバランBFS)
ベアリングのその2 (メンテナンス)
ベアリングについて その1
 
 
2011.01.25
アルデバランのイメージ一新!
 
  お約束通りアルデバランに対応するパーツの換装の手順をご紹介致します。
IXAカーボンスタードラグ
IXAラインガイドキャップ
IXA軽量HEXビス


ハンドルファスナーを取り外た後ハンドルを外します。
シマノ製のスタードラグはスプリングによってハンドル側に押されていますので、回すことなく簡単にメインギヤシャフトから抜き取ることが出来ます。
画像は純正のスタードラグです。



スタードラグの中央に茶色の樹脂製のクリックプレートが5角形のピンで留まっています。
このピンをピンセットで飛ばないように取り外すと、クリックプレートをはずすことが出来ます。
その下にはスタードラグに設けられた小さな穴の中に、クリックピンとスプリングが画像の様な順と方向で入っています。



クリックピンとスプリングをピンセットなどで取り出し上記画像の順と方向を守ってカーボンスタードラグに移植します。



茶色の樹脂製のクリックプレートの表、裏、側面にハイパーレンジバリアを薄く塗布します。



さて次にクリックプレートを装着しますが、取付の向きに注意してください。
スタードラグの四角面とクリックプレートの直線部を画像のように並行(赤い線を参照)に合わせます。


赤い線のように合わせておくと最後の装着時がとても楽になります。
そしてピンを内側の溝にキッチリはめ込んでOK。
スタードラグ交換の下準備は整いましたので、とりあえず最後の装着時まで置いといて下さい。




次にラインガイドキャップの換装です。
スタードラグを外した状態のリール側にはスプリングがありその次に四角のスタードラグ固定ナットが見えていますので、回し緩めて外します。
スプリングワッシャーまで全て取り外すと、下記の画像の順に装着されていたので忘れないでおいて下さい。



パーミングカップ側の工具で示したビスをプラスドライバーで取り外します。



次にギヤサイドカバーを外しますが、本体3箇所のビスをはずせばOK。
2本はハンドル側、もう1本はレベルワインダー側です。
ビスを緩めたらメカニカルブレーキが上部に来るようにリールを向け、メカニカルブレーキを持って外します。



レベルワインダーガードはフリーになっていますので簡単に外れます。
純正のラインガイドキャップをマイナスドライバーで外し、下記画像の小さなワッシャーはラインガイドキャップの内側にへばりついていることもあるのでワッシャーを必ず確認します。



上記のワッシャーをクロスギヤにはめ込みます。



カラーアルマイトの施されたキャップを根本まで手で締め込んで行き、
最後の締め込みはキズが付かないように仕切り板を使用してキッチリ締め込みます。



上記の仕切り板はユーティリティーボックスの物で一辺をカッターで落としてご覧のようにしています。



ラインガイドキャップの換装が完了しましたので、ここからは組み立てになります。
レベルワインダーガードを取付け、ワンウェイスリーブをドラグプレートの溝にはめ込みますが、
ワンウェイスリーブは(赤丸内のパーツ)画像のところにとどまっていることがほとんどです。


ワンウェイスリーブの突起部をドラグプレートの溝にキッチリはめ込みます。



そして次にギヤカバーを閉めますが、スプリングなどがちゃんとはまっているか確認してはめ込み、
IXA軽量HEXビス6mm×3本で締めます。
HEXビスの対辺は1.5mmの6角レンチを使用します。
※製品には搭載工具のL型のレンチは付属していません。




次にパーミングカップ側のロックプレートを固定している3本のステンレスビスの交換です。
純正ビスは緩み止め剤が使われており頑固に締め付けられていますので、
緩める際にはビスの頭を舐めてしまわないよう注意が必要です。
ドライバーを使用する際のコツは、ドライバーをビスに押し当てる力加減が7割。回す力は3割
つまり”押し回す”と言うことが重要です。



ロックプレートは流用してHEXビスで固定して行きます。



さて、スタードラグの取付に掛かりますが、
メインギヤシャフトにスプリングワッシャー等を外した時の順に挿入します。



スプリングを入れる前に、メインギヤシャフトのハンドルが固定されるフラット面と四角のスタードラグ固定ナットの面を並行に合わせます。



勘の良い方はもうお分りですね。
先にスタードラグを組んだ時に四角の面と合わせましたが、挿入する時に確認しやすく入れやすくするための必須作業なんです。
スプリングを先に入れてから、スタードラグをゆっくりと入れて行き、奥まで入りきったところで指でシッカリ押えて、ハンドルを装着します。
ここはコツというか慣れないと結構ややこしいところです。



ハンドルファスナーで固定して換装完了です。

 メカとしてのアルデバランにイメージが一新しますよね!!  スプールはテストプロトです。

製品の入荷日ですが未だ確定していませんので、とりあえず近日中と申し上げておきます。
※いつ頃入荷ですか?  な〜んて言う お問い合わせはNGですよ。
 
   
 661 662 663 664 665