サワムラ式 沢村幸弘オフィシャルブログ
 
 
2015年2月
 1  2  3  4  5  6  7
 8  9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
                 
BACK NUMBER
SELECTED ENTRIES
TOP50 旧吉野川戦を振り返って
TOP50第2戦 遠賀川を振り返って
TOP50第2戦 遠賀川
CT対応 KTFフィネススプール KAHEN
TOP50第2戦は減水の為延期
平成ラストフィッシュが
アルファス フィネススプール
メンテナンス史上でNo1
ワンナップスピン
New スティーズ用ハンドルベースカバー
願良年 2019
スティーズCT SVTW
ダイワ用 ブレーキセッティングホルダーカップ
ゴキゲンな朝練♪
KTFフィネススプール 18アルデバランMGL
18バンタム 軽量カーボンスタードラグ
18バンタムMGLのOリング移植
KTFネオスプール 18バンタムMGL
KTF NEWプロダクト
KTF ハイパーレンジバリアU
北浦エリアのプリプラクティス
新品のパワーヘッド
リクエストモデル
プロサポートモデル
十数年ぶりのグラスコンポジット
エレキのスーパーフルメンテナンス
DaiwaTW用 カラーオシレーティングポスト
ネオスプール 「KAHEN」 Daiwa
KTF ネオスプール DAIWA
初戦のプリプラへ
 
 
2015.02.24
テープはNG!
 
  ここ数日でお預かりしたリールで気になったことがありますのでチョット。

実は以前から思っていたことなのですが、ベイトリールにラインを巻く際にシールやテープなどを利用している方を時々見かけます。
下記画像のようなことと思ってください。


テープの種類や厚さによっても大きく異なるのですが、実はスプールバランスを損なう原因となりキャスト時の振動発生をします。当然キャストフィールは損なわれ飛距離も低下するデメリットがあります。
特に立ち上がりレスポンスに優れるスプール自重の軽いフィネススプールではほんの少しのテープでも明確に体感できるほどの振動が出てしまうので絶対にすべきではない使用方法なのです。

最近では下巻不要のシャロースプールが増えライン交換では全てのラインをチェンジすることが常でもあります。
スプールへの最初の結び方は人によって様々ですが、私は下記のようにスプールのブランキングホールを一つまたいでユニノットの2回通しで軽く固定しています。


わかりやすく少し太めのラインで撮影しましたが、結び目はブランキング内に収まるので サミングで引っ掛かる等のストレスも皆無です。
と言うことでブランキングホールを活用して快適なベイトキャスティングを楽しんでくださいね♪
 
   
 225 226 227 228 229