サワムラ式 沢村幸弘オフィシャルブログ
 
 
2016年12月
             1  2  3
 4  5  6  7  8  9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
                 
BACK NUMBER
SELECTED ENTRIES
新品のパワーヘッド
リクエストモデル
プロサポートモデル
十数年ぶりのグラスコンポジット
エレキのスーパーフルメンテナンス
DaiwaTW用 カラーオシレーティングポスト
ネオスプール 「KAHEN」 Daiwa
KTF ネオスプール DAIWA
初戦のプリプラへ
バーサタイルフィネススプール アップ
ダイワ用の軽量ハンドルファスナー
バーサタイルフィネススプール DAIWA
大事に至る前に
久し振りのアッセンブリー
KTFの取材
「バスサンほすい」
バーサタイルフィネススプール
願良年 2018
2017年ありがとうございました!
フェンウィックNewシリーズ 「LINKS」
ACES(エイシス)2018 Newモデル
Newフィネススプール (17カルコン)
ほぼパーフェクトコンディション!
17カルコンのメカノブ換装手順
ダイワ対応の「KAHEN」ネオのセッティング完了
ルアーマガジンミュージアム
スリムでも強い 「ワンシャ」 デビュー!
Newフィネススプール (16アルデバランBFS)
ベアリングのその2 (メンテナンス)
ベアリングについて その1
 
 
2016.12.31
2016年ありがとうございました。
 
  今年も本日をもって終わろうとしていますが 皆さんにとって2016年とはどんな1年だったでしょうか。
私にとっては最高の年とは言えないまでも非常に良い1年とすることが出来ました。
そんな2016を簡単に振り返ってみようと思います。

TOP50でのシリーズ戦は初戦の高知県/早明浦ダム戦で勝てる程のストロングパターンを確立していながらにしてミスとタイミングの悪さで出遅れのスタートとなってしまった。
しかしこの時のストロングパターンは私自身にとって大きな発見でもあり今後に大きな糧となるアプローチや考え方を得ることが出来た。
第1戦 ゲーリーインターナショナルCUP 32位


第2戦は同四国愛媛県/野村ダムで決め手となるパターンの確立も出来ない状況で何とかその時のコンディションにアジャストして凌いだ試合展開だった。
この野村ダムでの試合内容についてはあえてサワムラ式でも書くことをしなかったが、それほど筆の進まない思いをした1戦だった。
第2戦 ベイトブレスCUP 16位



第3戦は奈良県/七色ダムでの開催でプリプラでは60もゲットするなど公式プラクティスでのバスの動きも完全に把握できていたのだが、
チョットしたコンディションの変化に微妙に対応できなかったというのが結果へ如実に表れた試合だった。
2017年もTOP50の開催が予定されていることから今年の雪辱を果たしておきたいのが七色だ!
第3戦 東レソラロームCUP 29位


前半3戦を終えた時点で年間ランキング5位以内エリート5への切符に黄色信号が点灯していた。
そして第4戦福島県/桧原湖を迎えることとなったのだが、やるしかないというモチベーションは正に全開だった!
プリプラから公式プラクティス感触は完璧と言ってもいいだろう。
勿論刻々と変化するスモールに上手くアジャストして行きことが出来たのも大きな要因となり今シーズン初のシングル入賞を果たした。
第4戦 エバーグリーンCUP 3位


そして迎えた最終戦茨城県/霞ヶ浦水系は最低でもシングルリザルト、 エリート5に向けて全力で優勝を狙って挑んだ試合だった。
結果は試合内容もさることながら何よりも背中を押し続けてくださる皆さんに最高の恩返しが出来たこと、私自身も記憶に残る最高の勝ち方が出来たことです!
第5戦 がまかつCUP 優勝!


残念ながら年間ランキングは6位に甘んじてしまいましたが全力を尽くした結果です。

  2016年応援して下さった皆様に心より感謝申し上げるととともに改めて御礼申し上げます。

                         ありがとうございました!



 
   
 82 83 84 85 86