サワムラ式 沢村幸弘オフィシャルブログ
 
 
2013年5月
          1  2  3  4
 5  6  7  8  9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31   
BACK NUMBER
SELECTED ENTRIES
TOP50 旧吉野川戦を振り返って
TOP50第2戦 遠賀川を振り返って
TOP50第2戦 遠賀川
CT対応 KTFフィネススプール KAHEN
TOP50第2戦は減水の為延期
平成ラストフィッシュが
アルファス フィネススプール
メンテナンス史上でNo1
ワンナップスピン
New スティーズ用ハンドルベースカバー
願良年 2019
スティーズCT SVTW
ダイワ用 ブレーキセッティングホルダーカップ
ゴキゲンな朝練♪
KTFフィネススプール 18アルデバランMGL
18バンタム 軽量カーボンスタードラグ
18バンタムMGLのOリング移植
KTFネオスプール 18バンタムMGL
KTF NEWプロダクト
KTF ハイパーレンジバリアU
北浦エリアのプリプラクティス
新品のパワーヘッド
リクエストモデル
プロサポートモデル
十数年ぶりのグラスコンポジット
エレキのスーパーフルメンテナンス
DaiwaTW用 カラーオシレーティングポスト
ネオスプール 「KAHEN」 Daiwa
KTF ネオスプール DAIWA
初戦のプリプラへ
 
 
2013.05.28
New PMX! 
 
  昨日は近畿以西の梅雨入りとなりましたが、恐らく明日には関東圏も気象庁宣言になるのではと思われます。
気圧の低いローライトコンディションの方が釣果的には恵まれるけれど、雨大好き!絶好調だぜ。 
と言う方はそんなには多くないはず。 だから今からが狙い目でしょ。 
例年よりも異常に早い梅雨入りだけどその分明けるのも早いと良いのですが、そこは例年通りらしいです。

さて、今日は久しぶりにティムコ開発の「鬼」とミーティング。
お題はシークレットネタも含めいくつかありましたが、
スクープは2013年デビューしたテクナPMXのNewプロトモデルです!
既に非の打ち所がない状態の完成度で仕上っているので即実戦投入出来る事間違いなし。


PMXの感度、キレ、キャスタビリティ、フッキング&リフトトルクのアドバンテージの根幹は
アラミドベールとパワーラックスの融合によって実現していますが、
その極めて優れた使用感を誇るブランクに、マテリアルを熟知したうえで、アッセンブリーパーツなども含めたモデルごとのレシピアップで、更にゲーム性を追求したモデル達が出来上がってきた訳ですから本当に胸躍る気持ちです。

インプレッションは実釣テスト後にするとして、キャリルのパーキングキャストでのスペック評価として簡単にご紹介すると、
●T-PMX65CLP+ (スローテーパー)
現行モデルの66CMLより軽いウェイトのルアーをターゲットとしたライトファストムービングモデル。
シャロークランクやトップウォーターまでこなせそうで、そのキャスタビリティの高さはシリーズNo1と言っていいだろう。


●TPMX65CM (ミディアムスローテーパー)
ベースモデルはS-TAV65CM。
ジグ/テキサスには不可欠な1本で、実は先日の遠賀川のプリプラで既に実戦投入している。
現時点でのフェイバリットはKTFアルファスネオとのコンボでキャリラバの1/2ozもゴキゲンこなす
「今」のキャリラバスティックと言っていいかな。


●TPMX66CM (ミディアムファーストテーパー)
ボートフィッシャーマンは勿論だが、汎用性がアドバンテージとなるオカッパリアングラーに捧ぐ、極端な話何でも出来るモデルだ。


●TPMX610CMLP+ (ファーストテーパーテーパー)
やっぱりヘビーカバー対応のライトテキサスかな。フィールドによってはヘビダンやバルキーベイトネコもOK!


ザッとこんなところだ。65CMを除きいずれも実釣前の妄想に近いイメージなので的確な使い所は変わる物とし。
ただ、スペック表記からは実際のテーパーやパワートルク感は全くイメージ出来ないとだけは申し上げておきましょう!
因みにモデル名や表記も完成後製品時には変わることも充分にあるのであしからずと言ったところです。
いずれも早くフィールドテストしてみたい!それにつきます。先ずは現時点でのフェンウィックのプロトテスト状況でした。その結果は後日と言うことでお楽しみに。
 
   
 1328 1329 1330 1331 1332