サワムラ式 沢村幸弘オフィシャルブログ
 
 
2017年7月
                   1
 2  3  4  5  6  7  8
 9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31               
BACK NUMBER
SELECTED ENTRIES
ほぼパーフェクトコンディション!
17カルコンのメカノブ換装手順
ダイワ対応の「KAHEN」ネオのセッティング完了
ルアーマガジンミュージアム
スリムでも強い 「ワンシャ」 デビュー!
Newフィネススプール (16アルデバランBFS)
ベアリングのその2 (メンテナンス)
ベアリングについて その1
Revo SLC/ALC IBの補足
富士山初冠雪
台風21号で水位上昇中
TOP50最終戦
最新プロトとNEWプロダクト
バサクラのタックルデータ
バサーオールスタークラシックを振り返って
バサクラに向けて
TOP50第4戦を振り返って
桧原湖でのプリプラクティス
Revo SLC/ALC IBにも対応
遂に快適アイテムを装着♪
「ワンナップカーリー」 デビュー!!
エイシス NEWプロト
「KAHEN」 ネオスプール デビュー!
Revo対応の 「KAHEN」 ネオスプール
久し振りのマザーレイク
TOP50第3戦を振り返って
目まぐるしく変わる天候
NEWプロダクト 「ワンナップ カーリー」
17コンクエスト KTFフィネススプール
新たなセットアップでトライ!
 
 
2017.07.16
Revo対応の 「KAHEN」 ネオスプール
 
  もうすでに本格的な盛夏の如く暑い日が続いていますね。
まだ梅雨明けは告知されてはいませんがほぼこのまま梅雨明けになってしまうと想像する方が殆どではないかと思います。
先日琵琶湖を訪れた時の水温は27度でしたがすでに30℃を軽く超えエリアや釣り方も完全にサマーパターへと突入したようですが、そんなコンディションにあっても「ワンナップカーリー」は相変わらず超ストロングな釣果を叩き出しているようです♪

と、その琵琶湖釣行ではもう一つのテストテーマがありました。七色ダム戦では残念ながらメインタックルとならなかったのですがマザーレイクではそのポテンシャルを100%開放することが出来ました!
それは間もなくリリースの決定したRevoBF8に対応のネオスプールで、勿論ブレーキシステムには「KAHEN」を搭載しているので、フルキャストの投げ巻きモノからノーシンカーでのピッチングにも完全対応のスーパーバーサタイルスプールです!!


このRevoのネオスプールが適合するモデルは下記の5機種
・Revo LTX BF8
・Revo ALC BF7
・Revo LC6
・Revo LT7
・Revo LV7
ラインキャパシティーは12ポンド70m、14ポンドで60mと前モデルから糸巻き量を適正化したことでキャスタビリティは飛躍的に向上しています。

因みに「ワンナップカーリー」の自重は約8.8g
ノーシンカーでのフルキャストもカッ飛び〜〜!
5〜7gのテキサスリグやフリーリグでは そんなに!と感じるゴキゲンな飛距離。

ところでご覧のプロトスプールはアルマイト処理も行ってはいませんがこの様な段階からテストでのチェック項目は非常に多くあります。
その中でもキーポイントとなるのはブレーキのセッティングです。
特に可変ユニットを搭載したことでそのセッティングの幅はものすごく広がります。
それをスプールデザインとの相関関係でブレーキプレートの厚さや外径、ユニットの可動範囲と位置関係やスプリングのテンションなど多岐にわたる中から最も楽にキャストを可能にさせるポイントを見出して行くのですが、スプールの特性によって全く異なる為 このセッティングを追い込んで行くのも楽しみの一つでもあったりします!

このスプールは七色戦に出発する前にある程度セットアップしてアッセンブリした状態でしたが、今回のテスト釣行でほぼ完成と言っていいゴキゲンなセッティングで決まりました。

ぶっ飛びのキャスタビリティとネオスプールにして極めて軽いレスポンス!!
「KAHEN」ネオスプールはノーマルスプールでは絶対に得ることのできないゴキゲンなフィーリングのバーサタイルスプールです。

リリースまではもう少しお時間を要しますがご期待ください!
 
   
 1634 1635 1636 1637 1638