サワムラ式 沢村幸弘オフィシャルブログ
 
 
2008年2月
                1  2
 3  4  5  6  7  8  9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29   
BACK NUMBER
SELECTED ENTRIES
TOP50 旧吉野川戦を振り返って
TOP50第2戦 遠賀川を振り返って
TOP50第2戦 遠賀川
CT対応 KTFフィネススプール KAHEN
TOP50第2戦は減水の為延期
平成ラストフィッシュが
アルファス フィネススプール
メンテナンス史上でNo1
ワンナップスピン
New スティーズ用ハンドルベースカバー
願良年 2019
スティーズCT SVTW
ダイワ用 ブレーキセッティングホルダーカップ
ゴキゲンな朝練♪
KTFフィネススプール 18アルデバランMGL
18バンタム 軽量カーボンスタードラグ
18バンタムMGLのOリング移植
KTFネオスプール 18バンタムMGL
KTF NEWプロダクト
KTF ハイパーレンジバリアU
北浦エリアのプリプラクティス
新品のパワーヘッド
リクエストモデル
プロサポートモデル
十数年ぶりのグラスコンポジット
エレキのスーパーフルメンテナンス
DaiwaTW用 カラーオシレーティングポスト
ネオスプール 「KAHEN」 Daiwa
KTF ネオスプール DAIWA
初戦のプリプラへ
 
 
2008.02.18
スウェーデンが認めたKTF
 
  2ヶ月ほど前にリールについてこんな事を書きましたが、私がリールをチューンし始めたのはバスフィッシングを初めて間もなくの頃からの事で、すでに四半世紀近くになります。
最初に手がけたのは忘れもしないアンバサダー1021です。当時としては画期的な流線ボディが気に入り即バイトしてしまったものの、その使用感に疑問を持った事がきっかけでした。それはベアリングを洗浄しフリクションロスを軽減する事からでしたが、どうしたらもっと使いやすくなる?が根底にあり、これは今でも変わっていません。
キャリルを始めてからはそれまで以上のレスポンスと扱いやすさを追求し、
様々なリールを手がけた思いがあり、中でもその時代において究極とも思えるモデルがやはりアンバサダーのライトプラスでした。
今では考えられない程ノーマルとチューニングモデルとの差は歴然で、この頃からそのリールに備わったポテンシャルをフルに生かし、使い易さも損なわない方向のチューニングをするようになっていたと記憶しています。
久しぶりに持った印象は懐かしさと、こんなだったか?と言うガッカリ感。

右:ポラリス1021 左:ライトプラス キャリルSP
このライトプラスに至ってはベアリングの追加はもちろん、アンチリバースまで組み込んだ超力作です。GW58CMHと組み合わせ、1/2ozのキャリラバでボコボコに釣っていた頃を思い出します。




そして、2月8〜10日横浜国際フィッシングショーでの事、Abuから開発スタッフの来日が予定されており、
先日ピュアフィッシングに送ったハイレブチューン仕様のレボエリートについて、事前に本社とコミュニケーションが取られていたそうです。
そして私の手がけたチューンドリールを絶賛し、是非データを取らせて欲しいとスウェーデンのAbu本社へ持ち帰ったという事を、ショーが終わってから聞きました。
ファクトリーチューンを 世界のAbu が認めてくれたのですからこれほど嬉しい事はありません。
直接話が出来なかったのがとても残念ですが、そのノウハウが全世界で使われるリールに反映されると思うとゾクゾクしますね。

KTFハイレブチューンド エリート

これと共に長期に渡り活躍してくれたキャスプロメタルライトもお役ご免となり、今シーズンから共に戦ってゆくリールはようやく決定し、先程オーダーしたところです。

今回ギヤに使用しているグリスや、ベアリングオイルなどのケミカル剤も特殊な物を採用して仕上げた
ワンオフのKTFハイレブチューンド エリートです。
この特殊なケミカル剤については後日ご紹介しますのでお楽しみに!!




 
   
 1429 1430 1431 1432 1433