サワムラ式 沢村幸弘オフィシャルブログ
 
 
2009年6月
    1  2  3  4  5  6
 7  8  9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30            
BACK NUMBER
SELECTED ENTRIES
バーサタイルフィネススプール 「KAHEN」 Daiwa
20メタニウム用 バーサタイルフィネススプール
20メタニウムSVSユニット移植手順
20 メタニウム用のネオスプール
新たなるティムコプロスタッフ
スティーズCT フィネススプール
バサーオールスタークラシック2019
KTFフィネススプール スティーズAIR
願良年 2020
Revo フィネススプールのアップデート
VEXUS BOATS 
スティーズ AIR TW
TOP50 旧吉野川戦を振り返って
TOP50第2戦 遠賀川を振り返って
TOP50第2戦 遠賀川
CT対応 KTFフィネススプール KAHEN
TOP50第2戦は減水の為延期
平成ラストフィッシュが
アルファス フィネススプール
メンテナンス史上でNo1
ワンナップスピン
New スティーズ用ハンドルベースカバー
願良年 2019
スティーズCT SVTW
ダイワ用 ブレーキセッティングホルダーカップ
ゴキゲンな朝練♪
KTFフィネススプール 18アルデバランMGL
18バンタム 軽量カーボンスタードラグ
18バンタムMGLのOリング移植
KTFネオスプール 18バンタムMGL
 
 
2009.06.19
トレバリーとマンタ
 
  先日TOP50霞ヶ浦でのこと、何年かぶりにお会いした方がいたのだ。
通称ジャンボ宮田さんJBTA創世記から精力的に参戦していた方で、後にトーナメントスタイルから退いてご無沙汰していたわけだが、
話をしている内に1枚の名刺を頂き現在の生活拠点がミクロネシアのヤップ島でフィッシングガイドを行なっており、そのベースのリゾートホテル名を聞いて驚きと懐かしさが蘇ってきたのだ。
と言うのも今でこそソルトウォーターフィッシングは全くしていないが、かつてはシーバスから始まり、
シイラ&カツオ、前人未踏のアオリイカを釣りまくり、カワハギや、挙げ句の果てにはブルーマーリンのトローリングで300ポンドオーバーゲットと例を挙げればきりがない程やり込んだ時代があったのだ。
その中でトレバリーを狙ってパラオ、トラック、そしてヤップにも遠征した事があり、その時の宿泊とボートチャーターでお世話になったのがマンタレイベイリゾートホテルで、宮田さんがガイドをしているベースそのままだったという訳だ。

実は今日JBホームページ内で紹介されているのを見つけ、そのホテルのホームページのリンクをクリックしたことで更に思い出が強く蘇ってしまったので思わず書いてしまったため当時のトレバリー持ちの写真は用意してい無くてスミマセン。 今度何かの折りに紹介しますね。
ヤップ島も南の島らしくとてもゴキゲンな所ですが、唯一残念な事は生活ゴミが異常に目についたのです。
宮田さんにもあのゴミは今もそのまま捨てられ続けているのか聞いてしまったくらいです。
生活習慣というか、文化というか日本とは全く異なった認識は今も変わっていないそうですが、また行きたくなる魅力がヤップにはあるのです。
 
   
 661 662 663 664 665