サワムラ式 沢村幸弘オフィシャルブログ
 
 
2012年2月
          1  2  3  4
 5  6  7  8  9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29         
BACK NUMBER
SELECTED ENTRIES
KTFフィネススプール スティーズAIR
願良年 2020
Revo フィネススプールのアップデート
VEXUS BOATS 
スティーズ AIR TW
TOP50 旧吉野川戦を振り返って
TOP50第2戦 遠賀川を振り返って
TOP50第2戦 遠賀川
CT対応 KTFフィネススプール KAHEN
TOP50第2戦は減水の為延期
平成ラストフィッシュが
アルファス フィネススプール
メンテナンス史上でNo1
ワンナップスピン
New スティーズ用ハンドルベースカバー
願良年 2019
スティーズCT SVTW
ダイワ用 ブレーキセッティングホルダーカップ
ゴキゲンな朝練♪
KTFフィネススプール 18アルデバランMGL
18バンタム 軽量カーボンスタードラグ
18バンタムMGLのOリング移植
KTFネオスプール 18バンタムMGL
KTF NEWプロダクト
KTF ハイパーレンジバリアU
北浦エリアのプリプラクティス
新品のパワーヘッド
リクエストモデル
プロサポートモデル
十数年ぶりのグラスコンポジット
 
 
2012.02.07
フィッシングショー大阪
 
  昨年のフィッシングショー大阪ではフェンウィックは9本ものベイトフィネス用のロッドを発表しました。
これによりニーズにマッチしたロッドセレクトの幅が一気に広がり、非常に多くの方々にベイトフィネスというアプローチを楽しんで頂きました。
そして今年も新たに6アイテムの極みのモデルがデビューし、スーパーテクナ、テクナGP、ゴールデンウィング 、エナジー それぞれのマテリアル特性を100%引き出すテーパー&パワーのロッドブランク、
そしてフェンウィック独自のフィネスガイドシステムとの融合によって完成したモデル総数は
遂に18アイテムとなりました。



一昨年からスタートし昨年がベイトフィネス元年とも言われ多くの方々にこのアプローチ法を取り入れて頂けるまでに至りました。その要因としてはいくつかのアドバンテージ、メリットはありますが、
何よりも 楽にベイトタックルでのアプローチを楽しんで頂ける点であると思います。
その立役者となっているのがロッド、そしてリールの進化であり、決定的なファクターとなっています。

先日も申し上げましたが現在のフェンウィックは間違いなくその最先端のタックルを提案しているメーカーであり、そのフェンウィックのプロスタッフであることは大きな誇りです。
その素晴らしさを一人でも多くの方に知って頂き、同時にタックルがもたらしてくれるバスフィッシングの楽しさをエンジョイして頂きたいという思い。
それが今年のフィッシングショー大阪で更に強く感じたことです。

 
   
 1162 1163 1164 1165 1166