サワムラ式 沢村幸弘オフィシャルブログ
 
 
2016年3月
       1  2  3  4  5
 6  7  8  9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31      
BACK NUMBER
SELECTED ENTRIES
TOP50 旧吉野川戦を振り返って
TOP50第2戦 遠賀川を振り返って
TOP50第2戦 遠賀川
CT対応 KTFフィネススプール KAHEN
TOP50第2戦は減水の為延期
平成ラストフィッシュが
アルファス フィネススプール
メンテナンス史上でNo1
ワンナップスピン
New スティーズ用ハンドルベースカバー
願良年 2019
スティーズCT SVTW
ダイワ用 ブレーキセッティングホルダーカップ
ゴキゲンな朝練♪
KTFフィネススプール 18アルデバランMGL
18バンタム 軽量カーボンスタードラグ
18バンタムMGLのOリング移植
KTFネオスプール 18バンタムMGL
KTF NEWプロダクト
KTF ハイパーレンジバリアU
北浦エリアのプリプラクティス
新品のパワーヘッド
リクエストモデル
プロサポートモデル
十数年ぶりのグラスコンポジット
エレキのスーパーフルメンテナンス
DaiwaTW用 カラーオシレーティングポスト
ネオスプール 「KAHEN」 Daiwa
KTF ネオスプール DAIWA
初戦のプリプラへ
 
 
2016.03.04
キャリラバ完全復活
 
  いよいよ暦は3月に変わりあらゆる意味でのスタートと言ってよいですね。
TOP50の初戦早明浦ダムに向けての ありえないボート準備も進めていかなくてなならず実にストレスのたまることが少なくありません。 ぼやいても仕方がないが・・・

それはさておき、タックルの準備も本格的に始めないといけない時期に来ているのも事実、
今シーズンからすべてエコタックルでのレギュレーションに変わりルアーボックス内はほぼほぼ総入れ替えに匹敵することとなります。
そんな中 待望のフットボールジグ 「キャリラバ」 がタングステンヘッドになって今シーズン新たにデビューします。

キャリラバの由来は かつてキャリルの店内で一つ一つ丁寧にハンドタイイングして販売していたシークレットラバージグで、
フットボールヘッドにショートシャンクのパーフェクトベンドフックをインサートしてファインラバーとの相性でスモールシルエットでありながら強烈なリアクションバイトによって驚異的な釣果をもたらしてくれた、まさにNewタイプのジグとしてデビューしたキャリルラバージグの愛称と言う訳です!
因みにこれがオリジナルです。


その後 より多くの方にキャリラバの凄さを知って頂く為にティムコから再デビューしたのをきっかけにさらにたくさんのフットボーラーが誕生しました。
私自身のキャリアの中でもキャリラバによるウェイン率は極めて高くトーナメントは勿論プライベートにおいても不可欠なルアーの一つとして長年君臨してきたのですが、
エコレギュレーションでシンカーやジグヘッドの鉛の使用を自粛することによってしばらくの間は他の製品を使用していましたが やはりそのことによってフットボールの使用頻度は自ずと減少傾向にあったのも事実でした。
そして樹脂タングステンヘッドにマテリアルチェンジして自然へのインパクトも軽減した待望のキャリラバが完全復活したわけです!


オリジナルのバランスもそのままに、最大の特徴であるキャリラバフックも継承されています。
このフックの最大のアドバンテージは劇的にバラしにくいと言う点です。
フットボールラバージグはヘッドが重く ジャンプ一発でフックオフしてしまうことが頻繁に起こりがちです。
これは口の周辺にフックが刺さることが要因であることから口腔内に刺さることを目的として、フックポイントのみを若干外向きした唯一無二のオリジナルフックで、
掛かりやすいうえにそのバラしにくさは数あるフットボールジグの中でも断トツで群を抜いています!
バーブから先に刺さりやすい最適な角度を設けています


昨年のシーズン途中からショートレングスのキャリラバスティックと共にテストを重ね、すでに多くの場面で強力な武器になっているフットボールラバージグ 「キャリラバTG」 として2016年に完全復活を果たします!!
全7カラー リリースは5月予定。 今しばらくお時間を頂くのですがご期待ください。

 
 
   
 1537 1538 1539 1540 1541