サワムラ式 沢村幸弘オフィシャルブログ
 
 
2017年4月
                   1
 2  3  4  5  6  7  8
 9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30                  
BACK NUMBER
SELECTED ENTRIES
新品のパワーヘッド
リクエストモデル
プロサポートモデル
十数年ぶりのグラスコンポジット
エレキのスーパーフルメンテナンス
DaiwaTW用 カラーオシレーティングポスト
ネオスプール 「KAHEN」 Daiwa
KTF ネオスプール DAIWA
初戦のプリプラへ
バーサタイルフィネススプール アップ
ダイワ用の軽量ハンドルファスナー
バーサタイルフィネススプール DAIWA
大事に至る前に
久し振りのアッセンブリー
KTFの取材
「バスサンほすい」
バーサタイルフィネススプール
願良年 2018
2017年ありがとうございました!
フェンウィックNewシリーズ 「LINKS」
ACES(エイシス)2018 Newモデル
Newフィネススプール (17カルコン)
ほぼパーフェクトコンディション!
17カルコンのメカノブ換装手順
ダイワ対応の「KAHEN」ネオのセッティング完了
ルアーマガジンミュージアム
スリムでも強い 「ワンシャ」 デビュー!
Newフィネススプール (16アルデバランBFS)
ベアリングのその2 (メンテナンス)
ベアリングについて その1
 
 
2017.04.11
TOP50第1戦を振り返って
 
  先週開催となったTOP50第1戦福岡県/遠賀川について振り返ってみましょう。

今回プリプラクティスに要したのは実質2日間と期間は極めて短く、前回行われたTOP50戦からの2年間で変化したと思われる地形の再確認を行うことをメインとし実釣に費やす時間はほぼ皆無でしたが、ほんの数投で返ってきたその答えは軽く2キロを超えるプリスポーンのスーパーキッカー!

このバスのコンディションと水温12度と言う状況から季節の進行はスポーン直前で本戦時には大きく変化することが想定出来たわけで 故に釣り込む事無く公式プラクティス時に大まかなコンデイョンがイメージできれば良いと言うマネジメントでした。

そして2週間を経て公式プラクティスでは水温は16度に迫り、正にスポーニング真っ盛りと言う最も懸念していた最悪のコンディションになっている可能性が大だった。
プリスポーンのメスは簡単に手することが出来たが 明らかにサイズがダウンしている・・・。

バッティングの可能性も大だがピンスポットは全て温存して自分の魚にもプレッシャーを掛けない為にも
公式プラクティスは1日のみとして本戦に挑むこととした。


DAY1
ご覧の通り福岡も桜満開!
微妙な降雨の予報の中スタートを迎える。フライトは残念な28番。
遠賀川のレギュレーションでAM8:00迄は全域デッドスローの為手近なところからスタートフィッシング。
徐々に下りながら各所の様子を伺いながら本命のピンスポットに辿り着くも・・・・・。 何かが違う?!
焦る気持ちを抑えつつ集中し続け 2.5mのブレイクに差し掛かるピンでファーストフィッシュをキャリラバでキャッチ。 なんと1本目まですでに2時間半を費やしていた。
レンジも超シャローにまで変化をつけスイミーバレットのネコリグで2本目。さらにソウルシャッドで2本を追加してストップフィッシング。
ウェイトは2,408g/5位でスタート!



DAY2
全体の釣果としては極めてローウェイトで難しいと言うことが手に取るようにわかる。
Day1と同じ展開で確実にウェイトを伸ばして行くマネジメントを基本としてスタート。


奔走するもこの釣れない状況で痛恨のミスを重ね、この日無念のノーフィッシュでのウェイインとなってしまった。
予選結果は27位、実質ウェイト順位19位で辛くも決勝に挑むのだが
フィッシングプレッシャーも最高潮 バイト数も明らかに少ないこのコンディションでどう巻き返して行くか!

Day3
8時まではBクラスで凌ぎは以降ベーシックなハードボトムとブレイクをシャッドで巻き、回遊ルートのピンスポットをチェックしてバイトが得られなければ大幅なマネジメント変更をする覚悟でスタート。
しかし最高の展開で早い段階でプリのナイスキーパーをスイミーバレットのネコリグでキャッチ。
その後に釣りビジョンの生中継艇(河辺プロ解説)が付き数か所を巡る中 キャリラバでさらにナイスキーパーをネットイン。
残念ながらこの2本でのストップフィッシングとなってしまったが
1,564g/単日5位 最終リザルトは13位へと少しだが順位を上げることが出来た。


                JBトップ50 第1戦 ゲーリーインターナショナルCUP

今大会は近年稀にみるローウェイトな戦いとなったのだが、本来の遠賀川のポテンシャルは決してこんなものではない!
恐らくビッグママは勿論相当数のネスティング第1陣がエリア内そして トーナメントエリア外となる水路や水門内で行われたと考えるのだ。
ネストが多数存在するコンディションはセカンドスポーンの個体のみがアクティブであっても極めて難しいと言うのが常識的で、TOP50の手馴れをもってしても苦戦を強いられたと考えるのが妥当と言ったところだ。
逆に遠賀川の水質はステインと言うよりはマッディと言った方が適当で今回はサイト出来る透明度ではなかったこともあり多くのネストは守られたのかも? 知れない。
今回は上記の様なフィールドコンディションに対応できなかったことが敗因ではあるがその中でキッチリ合わせてくる選手に敬意を表したい。

そして心折れそうな戦いでしたが背中を押してくれる多くの方がいたからこそ、あきらめることなく集中できたと言っても過言ではありません。
皆様に改めて感謝すると共に御礼申し上げます。


今大会で右腕となって戦ってくれたタックル達!
メインタックルデータ
ロッド : フェンウィック スーパーテクナ60CL
リール : KTF RevoBF8 「KAHEN」 フルコンプリート
ライン : ジャッカル レッドスプールBFスペック7ポンド
ルアー : サワムラ 4.8"スイミーバレット ネコリグ ネコリング仕様
フック : ワイルドモスキート#1
シンカー : サワムラワンナップシンカー 1/32oz

ロッド : フェンウィック エイシス510CMH(プロト)
リール : KTF15アルデバランフィネス フルコンプリート
ライン : ジャッカルレッドスプール BFスペック12ポンド
ルアー : ティムコ キャリラバTG1/2oz&サワムラ ワンナップシャッド2”インチ

ロッド : フェンウィック エイシス63CL
リール : KTF16アルデバランフィネス フルコンプリート
ライン : ジャッカルレッドスプール BFスペック5ポンド
ルアー : ジャッカル ソウルシャッド58SP

サングラス : サイトマスター セプター/イーズグリーンミラー
レインギヤ : フォックスファイア ストーミーDSジャケット&パンツ
魚探:ローランスHDSタッチ

 
   
 1616 1617 1618 1619 1620